在学生に聞いてみよう!皆さんの質問に学生がお答えします 在学生に聞いてみよう!皆さんの質問に学生がお答えします

あなたにとって「聖徳大学」とは?

佐藤 亜海さん

児童学部 児童学科保育士養成コース(※)3年
※現:幼稚園教員・保育士養成コース
佐藤 亜海さん

年に何度か(※)シリーズコンサートがあるのですが、フィルハーモニー管弦楽団や宝塚OGの方々によるステージなど、普通はなかなか触れることのできない芸術に触れることができるところが良いと思います。毎回どんな芸術に触れることができるのだろうと楽しみです。
※年間約30回

>> プロフィール

松田 千尋さん

2017年3月卒業
児童学部 児童学科 小学校教員養成コース
松田 千尋さん

自分の学びたいことをどんどん学ぶことができます。実践的な授業が多いため、分りやすいです。
また、部活動やサークルに入っていない私でも友人がたくさんできました。女子大で、女子しかいない環境に初めは怖いイメージを持っていたのですが、実際はそんなことはなく、女子だけの環境であるからこその生活や学びを楽しく経験することができました。

>> プロフィール

金子 まなみさん

心理・福祉学部 心理学科4年
金子 まなみさん

仲間と助け合い、楽しい学校生活が送れることが聖徳でよかったなと思うことです。クラス制のため授業や学外研修通して、より一層絆を深めることができます。
居心地がよく、アットホームな聖徳が私は好きです!!

>> プロフィール

沼田 なつみさん

2017年3月卒業
心理・福祉学部 社会福祉学科
沼田 なつみさん

聖徳大学では、同じ夢を持って入学をした友人と支え合いながら、自分たちの知識や能力を高めることができます。夢を叶える為には沢山の努力が必要で、くじけそうになることもありますが、励まし合いながらともに成長できる友人に出会えたことが聖徳大学に入学してよかったと思う1番の理由です。

>> プロフィール

國藤 絵美さん

文学部 文学科4年
國藤 絵美さん

私は寮生活だったので、最初は不安もありました。しかし、友達と日々を過ごしていく中で、共有できた多くの時間、物事、経験はとても楽しいものばかりだったと思います。一緒にご飯を食べたり、イベントに参加したりと、“寝食を共にする”ということは寮ならではの貴重な体験だったので良かったと思います。

>> プロフィール

菅生 晶子さん

2017年3月卒業
人間栄養学部 人間栄養学科
菅生 晶子さん

様々な学びを通してやりたいことや惹かれることを発見し、目標に向かって努力できる場所です。部活では縦と横の繋がりが、クラスでは横の繋がりが深まり、切磋琢磨できる仲間ができたことも大学で得た大切なものです。様々な輪を広げるチャンスがあることが聖徳の魅力の1つです!

>> プロフィール

大和 明日香さん

看護学部 看護学科3年
大和 明日香さん

仲良しなクラスがとても魅力的です。同じ看護師という夢を目指す信頼できる仲間と出会い、切磋琢磨しながら日々充実した学校生活を送っています。聖徳に入学し、素敵な仲間と出会えてよかったと思います。また、サークルや学生スタッフの業務などを通じて他学科の人たちと触れ合う機会が増え、入学前と比べてコミュニケーション力が身についてきてると感じます。

>> プロフィール

高橋 和佳奈さん

音楽学部 音楽総合学科4年
高橋 和佳奈さん

音楽を通して多くの仲間に出会うことができました。担任制のため、同じ音楽の職を目指す友達と、4年間一緒に学ぶことができるところが聖徳の良いところだと思います。勉強やレッスンなどで大変なときにも励まし合いながら日々成長することができます。

>> プロフィール

甲斐 紀充子さん

2017年3月卒業
短期大学部 保育科
甲斐 紀充子さん

聖徳は私たち保育者を目指す人からしたら夢への通り道、トビラだと思います。
毎日、保育者とは何か、保育者としてやるべきことはなにかと考えながら授業を受けていたのでとても楽しい2年間でした。友達とグループワークをすることも多く、友人関係も深まりました。また、部活動では一緒に汗を流し感動を分かちあうことができるので、本当に今までの人生の中で一番充実した日々を過ごせたように感じます。先生方もとてもフレンドリーで楽しく学ぶことができました。私は聖徳大学にはいれて本当に心から良かったと思っています。

>> プロフィール

森 麻里奈さん

2017年3月卒業
短期大学部 総合文化学科
森 麻里奈さん

私は製菓ブランチに所属していたので、週に二回実習の授業がありました。先生が丁寧に教えてくださるので、身についたことがたくさんあります。少ない人数で授業を行うので、友だちともとても仲良くなることができました。学校に行くのがとても楽しく、私にとって「毎日笑って過ごせる場所」が聖徳でした。

>> プロフィール