入試情報

大学入試改革に合わせて、聖徳大学・聖徳大学短期大学部では
学生一人ひとりの個性や能力を、多面的に評価する入試制度を導入します。

2021年4月入学の入試日程は、全て終了しました。

令和3年度 入試特待制度

入学金が免除! 入寮費上限20万円免除入学金が免除! 入寮費上限20万円免除

高校成績特待制度(評定値特待制度)高校成績特待制度(評定値特待制度)

全体の学習成績の状況(全体の評定平均値)で入学金半額免除!
普段からの高校生活をより充実させよう!

対象入試:前期型入試

「総合型選抜」「学校推薦型選抜(指定校制/公募制)」等(※12月末日までに実施)の受験者において、全体の学習成績の状況(全体の評定平均値)が基準を満たす場合

※前期型入試:総合型選抜、学校推薦型選抜(指定校制/公募制)、同窓会・後援会推薦入試

資格特待制度資格特待制度

英検・漢検、グレードに応じて入学金全額 or 半額免除!
入学手続後でもチャレンジが可能! (要申請)

対象入試:前期型入試

「総合型選抜」「学校推薦型選抜(指定校制/公募制)」等(※12月末日までに実施)の受験者において、指定する資格を取得している場合

※前期型入試:総合型選抜、学校推薦型選抜(指定校制/公募制)、同窓会・後援会推薦入試

※資格特待制度内において同一の免除金額の資格を重複適用することはできません。

※1 英検:実用英語技能検定

※2 漢検:日本漢字能力検定

※3 TOEIC L&R+S&Wは、TOEIC S&Wのスコアを2.5倍にして合算したスコアで判定。TOEIC IPは対象としない

※4 TOEFL ITPは対象としない

※5 GTECは4技能のオフィシャルスコアが必要

※6  聖徳ピアノグレード 「聖徳ピアノグレード認定制度」
オープンキャンパスに併せて開催される「聖徳ピアノグレード認定」にチャレンジし、グレード認定を受ける
[認定基準]
ピアノグレードα級:ソナチネ(大学指定曲)以上の1曲を演奏
ピアノグレードβ級:バイエル88番以降105番までの任意の2曲を演奏(音階・半音階は除く)

※7  聖徳音楽グレード 「聖徳音楽グレード認定制度」
オープンキャンパスに併せて開催される「聖徳音楽グレード認定」にチャレンジし、グレード認定を受ける
[認定基準]※任意の1曲を演奏する
音楽グレードα級:入学後、際立った音楽表現が期待できるレベルにある
音楽グレードβ級:入学後の学修において、優れた音楽表現が期待できる

※7  聖徳音楽グレード 「聖徳音楽グレード認定制度」
オープンキャンパスに併せて開催される「聖徳音楽グレード認定」にチャレンジし、グレード認定を受ける
[認定基準]※任意の1曲を演奏する
音楽グレードα級:入学後、際立った音楽表現が期待できるレベルにある
音楽グレードβ級:入学後の学修において、優れた音楽表現が期待できる

授業料が免除!授業料が免除!

<得点基準明示型>学力特待制度<得点基準明示型>学力特待制度

「一般選抜」「大学入学共通テスト利用選抜」の合計得点率次第で入学金・授業料・施設費が免除。
授業料免除とS特待の施設費免除は、入学後も毎年度継続審査を行うことにより、免除期間を継続することができます!人数制限はありません。
〈大学は4年間、短期大学は2年間(保育科二部は3年間)〉特待制度の条件から一度外れた場合でも、次年度以降基準を満たせば、再度特待制度が適用されます。

対象入試:後期型入試

「一般選抜」または「大学入学共通テスト利用選抜」において、合計得点率が基準を満たす場合

※後期型入試:「一般選抜」「大学入学共通テスト利用選抜」

※児童学部児童学科、心理・福祉学部心理学科、心理・福祉学部社会福祉学科、文学部文学科、人間栄養学部人間栄養学科、音楽学部音楽学科を受験する場合2科目

※保育科、総合文化学科を受験する場合1科目

※看護学部看護学科を受験する場合は3科目(国語、英語、選択科目)の受験が必要ですが、特待の判定は必須2科目(国語、英語)で行われます。既に前期型入試で入学手続をしている人が、この得点基準明示型学力特待制度において特待合格を目指す場合についても3科目(国語、英語、選択科目)を受験し、合格基準を満たすことが必要です。

*1:授業料等の免除は最大4年間<短期大学は2年間(保育科二部は3年間)>継続されますが、一定の成績を基準として、毎年、継続審査があります。
*2:上記の免除にプラスして、入学時の家計負担を少なくするため、S特待は教育充実費上限6万円を、A特待・B特待は施設費全額を、それぞれ1年次春学期のみ免除します。

実技特待制度実技特待制度

令和2年度入試より、音楽学部音楽学科に「実技特待制度」が創設されました。
「実技特待制度」の内容は以下のとおりです。

・対象者および対象入試:音楽学部音楽学科プロ・アーティストメジャー受験者
く一般選抜・大学入学共通テスト利用選抜・実技特別選抜>
・審査基準:実技試験において、特に優れた成績で合格した者
・減免内容:授業料全額、および入寮希望者は入寮費(上限)20万円
・減免期間:当該年度。なお、原則4年間継続できるものとし、毎年度継続審査を行う。
・継続審査基準:選考対象年度の前年度において、音楽学科専門教育科目で別に定める要件を満たす者

経済的支援制度経済的支援制度

前期型入試の受験生において、経済的に就学が困難な受験生を支援するため、下記の条件を満たす人が、入学手続後の本学が指定する期間に申請した場合、入学金を半額免除および入寮費上限20万円免除(入寮希望者のみ)します。他の特待制度との併用も可能です。ただし、高校成績特待制度(評定値特待制度)の適用者は本制度の対象となりません。

対象入試:前期型入試

(1) 受験生の家計における、主たる家計支持者一人(本人の父母またはこれに代わって家計を支えている人)の所得等が以下の場合
・給与所得者の場合    給与収入の合計が841万円以下の方
・給与所得者以外の場合  総所得の合計が355万円以下の方

(2) 上記(1)を証明する書類<「給与所得者」は令和元年分源泉徴収票の写しまたは市区町村が発行する所得証明書(令和元年の所得が記載されたもの、写し可)、「給与所得者以外」は市区町村が発行する所得証明書(令和元年の所得が記載されたもの、写し可)>を添付した「経済的支援制度適用申請書Ⓣ」を、入学手続後の下記の期間に提出。
提出期間<12月18日(金)~12月24日(木)必着>

※任意の封筒を使用し、簡易書留郵便にて提出。
※「経済的支援制度適用申請書Ⓣ」は、合格者に送付する「入学手続についてのお願い」に掲載されています。

※前期型入試:総合型選抜、学校推薦型選抜(指定校制/公募制)、同窓会・後援会推薦入試